高齢者社会

今日は久々にお母さんのお父さん、いわゆる私のおじいちゃんに会いにいってきました。

おじいちゃんはもう八十八歳で、体はわりと元気なんだけど数年前から痴呆がすすんでいて
おじさんが家で介護していたんだけど、勝手に夜や早朝に出歩いたりするようになってきて
家族はみんな日中仕事に出かけるので、このまま家においとくのは危ないってことで精神科病院が運営するグループホームで生活してるのだ。

グループホームは、看護師さんが常駐しているので家族ができない健康面については安心だ。
認知症のおじいちゃんは、家族と離れても頭のなかで違う家族と暮らしているようなので、、それが救いかも
ヘルパーさんだけでなく、医者や看護師もよく話しかけてくれるし

正直、はじめはお家で面倒みてあげれたら良いのになって思ったけど
痴呆がすすんでくると家族の名前も分からなくなるし、深夜にどこかいかないかとか
日中も一人で居る時間にぼやになってしまったことがあったりと。家族もヘトヘトの状態だったみたい

そういうとき何も知らない人は、仕事を辞めてでも家で見てやれば良いっていう人もいるんだけど

現実に自分の父親が、自分のことも分からなくなって
話も聞かずに毎日暴れたりして、それを24時間みつづけないといけないってなったら、どう?

それって耐えられるかな?  私だったら無理だな。

高齢者の痴呆や介護ってやった人にしか分からない辛さだとおもうし、女の人だから嫁だからとか関係ないとおもう
いまは高齢者社会だから、医療がぜんぜん追いついてない状態で病院もデイケアもグループホームも高齢者むけマンションも
どこもいっぱいだけど

おじいちゃんを見て思ったな〜。誰か家族以外の人のサポートがないと駄目だなって
家族だといろんな感情がこみあげてきて、優しくなれないってこともあるけど
介護の専門スタッフの人はみんな仕事だしプロだから、優しく大切にしてもらえておじいちゃんはとても落ち着いてた。

家に居るときよりもずっと。

病院の人やグループホームの人たちも言っていた
認知症の場合、施設を変わったりすると最初はどこにいるのか混乱して暴力を振るうこともあると
このまま無事を祈りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です